2023年6月の投資実績~ハイテクと円安の波に乗る②~

なみ

こんにちは、なみです。

毎月恒例の投資実績まとめ、今回は2023年6月分です。

6月の株式市場は、S&P500株価指数が昨年10/12に付けた昨年来安値からの上昇率が20%を超えて「強気相場」入りしました。アップルの時価総額は昨年1月以来再び3兆ドル台に乗ったほか、経済指標でインフレ鈍化が示され米利上げサイクルが終了に近いとの見方が強まったことも追い風になっているようです。

また、パウエル議長が年内少なくともあと2回の利上げを示唆したことから、ドル円は一時145円台まで下落し、5月に続いて6月は含み益をかなり上積みすることができました。

ということで現保有銘柄と投資額、それぞれの評価額と損益、さらに2020年9月からの推移を整理しましたので、皆さまの参考にしていただければうれしいです。

目次

ポートフォリオ内訳

投資信託 外国株式

投資信託は、NISA枠でニッセイ外国株式インデックスファンド、eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)、SBI・V・S&P500インデックスファンド、つみたてNISA枠でSBI・V・S&P500インデックスファンド、特定枠で SBI・V・S&P500インデックスファンド、 SBI・V・全米株式インデックスファンドを保有しています。

6月の積立購入分は前回の集計に含まれているので今回は追加投資はありません。

損益面では、前回の6/3と比較すると、

なみ

全銘柄でプラス、含み益は約76万円増加!

となりました。為替が5円ほど円安に振れたことと、ハイテク株を中心とした株価上昇のおかげで大幅プラスです。

国内個別株

次は国内個別株。現在はNISA枠でイオンのみ保有しています。

6月は先月から若干上昇して、

なみ

今月は15,250円のプラス!

となりました。イオンについては優待目的なので価格は特に気にしていませんが、含み益が増えるのはありがたいものです。

外貨ETF

外貨ETFは、高配当株ETFとしてHDV,SPYD,VYMの3銘柄、グロース株ETFとしてVUGとQQQの2銘柄、セクターETFとしてVFH,VHTの4銘柄を保有しています。

6月は配当がたくさん入る月、今回はHDV,SPYD,VYM,VUGから合計239ドルいただきました。そしてこの配当を再投資し、今回はVFHを3口、約240ドルで追加購入しました。

株価は絶好調で全銘柄大幅プラス、特にグロースETFのVUGとQQQの上げ幅が大きい結果となりました。これにさらに円安の効果が加わり、円換算ではついに全銘柄でプラスとなり、トータルでは大幅プラスとなりました。

なみ

ドル建てでは約2390ドルのプラス、円建てでは約87万円のプラス!

となりました。

今月の損益と追加投資

今回は、VHFを少しスポット買いしたものの、全銘柄が大きく上げたこともあり、ポートフォリオA,B,Cいずれも大きな変化はありませんでした。

バランス的には投資信託とETFを半々、S&P500と全米株式の割合も半々にしたいなと思っているので、引き続き追加購入するならSBI・V・全米株式を中心にする予定です。ただ、今の円安の流れを見てるとちょっと米国株は積極的には買いにくなという印象です。しばらくは定期積立のみで様子見ですかね。

評価額全体の動きとしては、

なみ

前月比プラス168万円!

となりました。株価上昇と円安による為替差益が大きく、これで3か月連続で大幅プラス。絶好調です!

ただ、今後米国の利下げに伴う日米金利差縮小でそのうち円高に振れるでしょうし、株価上昇とのトータルで今後どうなるか。引き続き7月も期待したいところです。

6月の追加投資

特定枠でVFHを3口購入しました。

6月の配当

HDVから65.87ドル、SPYDから93.84ドル、VYMから65.57ドル、VUGから13.96ドル、合計239.24ドルいただきました。

評価額、損益、配当額の推移

なみ

資産評価額は2,357万円、損益は+609万円、通算利回りは34.88%!

いずれも先月に続き大幅プラスです。資産評価額は過去最高を更新し、一気に2,300万円を超えました!

早いもので今年ももう7月、まずは米6月雇用統計をはじめ、ADP雇用統計や新規失業保険申請件数などのイベントが続きます。さらに最大のイベントである7月FOMC(7/25,26)では、利上げが見込まれているものの、その後さらに追加利上げがあるかどうか。雇用関連の指標で労働市場の強さが意識される結果が出れば、年内2回の利上げが強く意識され、株価の重しとなってくる可能性があります。

アノマリーでは、5月の有名な格言“Sell in May, and go away,don’t come back until St Leger day.”「5月に売ってどこかに行け、セント・レジャー・デーまで戻ってくるな」に対しては、今年は外れだったようですね。もし格言通り、5月に売っていたらきっと後悔していたはずです。さて7月どうなりますか。楽しみですね。

以上、皆さんの参考になればうれしいです。

👇👇👇ブログランキングに参加中 👇👇👇
👇押していただけると励みになります 👇

PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次