鹿島建設は割安株なのか?バフェット流「バリュー投資の7つの基準」で日経225銘柄を評価!

なみ

こんにちは、なみです。

今回の記事では、日経225構成銘柄の1つである鹿島建設(株)【1812】について、ベンジャミン・グレアムが提唱した「バリュー投資」の7つの基準に沿って評価してみました。

この記事でわかること
・バリュー投資の7つの基準に沿った鹿島建設(株)【1812】の評価
 どんな会社?
 事業規模は?
 資産と負債のバランスは?
 収益の安定性と成長性は?
 配当はしっかり出てるのか?
 株価収益率(PER)と株価純資産倍率(PBR)はどの程度か?
・鹿島建設(株)【1812】は割安株なのか?

あくまでIR情報などから機械的に評価したものですから、個人的な思いや先入観などは入っておらず、特定の企業を持ち上げたり卑下する意図はありませんのでご了承ください。日経225企業の中で、あなたが投資すべき割安株は何か?を探し当てるためのご参考にしてください。

ちなみに、これまで評価した結果一覧は以下のページにまとめていますので、よろしければあわせてこちらもご覧ください。

目次

鹿島建設(株)【1812】の基本情報

・設立年月日 1930年2月22日
・上場年月日 1961年10月
・業種    建設業
・特色    最大手ゼネコンの一角。同族色。超高層、耐震、原発技術に強み。国内外の不動産開発に実績。
・資本金   814億円
・従業員数  (単独)8,134人 (連結)19,261人
・株価    1,384円(2022.5.27)
・単元    100株
・決算    3月末日

事業内容は、土木建築及び機器装置その他建設工事全般に関する請負又は受託。建設プロジェクト並びに地域開発、都市開発、海洋開発、宇宙開発、資源開発、環境整備、エネルギー供給等のプロジェクトに関する調査、研究、評価、診断、企画、測量、設計、監理、調達、運営管理、技術指導その他総合的エンジニアリング、マネージメント及びコンサルティングなどなど。国内外で幅広い事業を展開しています。

1840年(天保11年)の創業以来、「全社一体となって、科学的合理主義と人道主義に基づく創造的な進歩と発展を図り、社業の発展を通じて社会に貢献する」という経営理念を掲げられています。

ではここからは、鹿島建設(株)に対してバリュー株投資の7つの基準に沿って評価していきます。

①事業規模

事業規模の評価基準は、「小型株をできるだけ除外する」

日経225企業の一社ですので。事業規模は十分なのですが、一応業種の中での規模感を見ておきます。

建設業194社の中での各項目のランキングは以下の通りです。

時価総額7237億3000万円(5位)
売上高2兆796億円(3位)
営業利益1233億8200万円(3位)
経常利益1521億300万円(3位)
純利益1038億6700万円(3位)
営業利益率5.93%(73位)
経常利益率7.31%(52位)
当期利益率4.99%(57位)
株主資本9535億6600万円(4位)
総負債1兆3841億円(3位)
総資産2兆3377億円(4位)
業績に関する各種項目

建設業の中で売上高は第3位。総資産も第4位で建設業界の最大手の一社。この規模ですから営業利益率は少し控え目。もちろん事業規模は文句なしのレベルです。

②財務状況

次は財務状況。評価基準は、①「年内に現金になる資産(流動資産)が、年内に支払うべき負債(流動負債)の2倍以上であること」。 また、②「来年以降に支払うべき負債(長期負債=固定負債)が、流動資産からすべての負債を差し引いた純流動資産を超えていないこと」

2022年3月期の決算短信では、鹿島建設の流動資産は1,390,711百万円、流動負債は1,107,668百万円、固定負債は276,507百万円なので、

①は、流動資産 / 流動負債 = 1.26倍なので基準未達

②は、固定負債276,507百万円 < 純流動資産283,043百万円 で基準達成となり、

よって、流動負債が多く、流動資産が少ないことがネックとなり基準未達です。

③収益安定性

収益安定性の基準は、「最低でも10年間赤字がないこと」

鹿島建設の業績を確認すると、特に2016年以降の利益はしっかり。全く赤字はなく、基準達成です。

年度純利益
2013年3月234億2900万円
2014年3月 207億5200万円
2015年3月151億3900万円
2016年3月723億2300万円
2017年3月1048億5700万円
2018年3月1267億7800万円
2019年3月1098億3900万円
2020年3月1032億4200万円
2021年3月985億2200万円
2022年3月1038億6700万円
直近10年間の純利益

④収益成長性

収益成長性の基準は、「過去10年間のうち、直近3年間の1株当たり純利益(EPS)が最初の3年間より最低33%以上伸びていること」

鹿島建設のIR情報を確認すると、EPSの最初の3年平均が37.81円、直近の3年平均が200.71円なので、(直近の3年平均 – 最初の3年平均) / 最初の3年平均 × 100 = 430.8%であり、基準達成となります。

年度EPS
2013年3月44.32円
2014年3月39.96円最初の3年平均:37.81円
2015年3月29.16円
2016年3月139.31円
2017年3月202.02円
2018年3月244.29円
2019年3月211.67円
2020年3月200.99円
2021年3月193.13円直近の3年平均:200.71円
2022年3月208円
直近10年間の1株当たり純利益(EPS)

⑤配当

配当の基準は、「 20年連続で配当を出していること 」

鹿島建設のIR情報を確認すると、 毎年しっかり配当を出されており、基準達成です。毎年ではないですが、増配もきっちりできている点も好印象ですね。

年度配当金配当利回り
2010年3月12円/株2.62%
2011年3月12円/株2.58%
2012年3月10円/株1.98%
2013年3月10円/株1.95%
2014年3月10円/株1.38%
2015年3月10円/株0.9%
2016年3月24円/株1.7%
2017年3月40円/株2.75%
2018年3月48円/株2.43%
2019年3月50円/株3.06%
2020年3月50円/株4.51%
2021年3月54円/株3.44%
2022年3月58円/株3.89%
直近10年間の配当金と配当利回り

なお、株主優待制度は実施していません。

⑥株価収益率

株価収益率の基準は、「PER(株価収益率)」が15倍以下であること。

Yahooファイナンスによると、現在のPERは8.02倍、基準達成です。

⑦株価純資産倍率

株価純資産倍率の基準は、「①PBR(株価純資産倍率)が1.5倍以下で、②PER×PBRが22.5未満であること」

Yahooファイナンスによると、現在のPBRは0.72倍であり、①のPBRは基準達成です。

②のPER × PBR も 5.77 で基準達成です。

まとめ

今回の結果をまとめると以下の通りとなります。

項目評価結果備考
①事業規模売上高2兆796億円
②財務状況×流動負債多い
③収益安定性赤字なし
④収益成長性+430.8%
⑤配当利回り3.89%
⑥株価収益率8.02倍
⑦株価純資産倍率0.72倍
結果まとめ

財務状況のみ未達で、残念ながら「鹿島建設(株)は割安株には該当しない」という結果となりました。ただ、大成建設と同じパターンで、 流動負債と流動資産のバランスが少し基準に足りないだけでだけで、内容はかなり優秀です。配当もしっかり増配できている点にも好感が持てます。

以上、皆さんの参考になれば幸いです。

下のバナーをクリックいただけると励みになります!

PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

某メーカー勤務のエンジニア。化学工学修士。FP3級×簿記2級。妻と子供2人。お酒が大好きな関西人。週末はヨガ、筋トレ、サウナに励み、最近は料理も趣味。現在FP2級を勉強中。

2019年9月から投資をスタート。米国株式ETF(VOO、VTI、セクター、グロース、高配当)が主な投資先。投資資産1500万円突破。いつか億り人&サイドFIREを夢見て試行錯誤の毎日です。

コメント

コメントする

目次