鹿島建設は割安株なのか?バフェット流「バリュー投資の7つの基準」で日経225銘柄を評価!

なみ

こんにちは、なみです。

今回の記事では、日経225構成銘柄の1つである鹿島建設(株)【1812】について、ベンジャミン・グレアムが提唱した「バリュー投資」の7つの基準に沿って評価してみました。

この記事でわかること

・バリュー投資の7つの基準に沿った鹿島建設の評価
 事業規模は?
 資産と負債のバランスは?
 収益の安定性と成長性は?
 配当はしっかり出てるのか?
 株価収益率(PER)と株価純資産倍率(PBR)はどの程度か?
・鹿島建設は割安株なのか?

あくまでIR情報などから機械的に評価したものですから、個人的な思いや先入観などは入っておらず、特定の企業を持ち上げたり卑下する意図はありませんのでご了承ください。

なみ

日経225企業の中で、あなたが投資すべき割安株はどれか?

を探し当てるためのご参考にしてください。

ちなみに、これまで評価した結果一覧は以下のページにまとめていますので、よろしければあわせてこちらもご覧ください。

目次

鹿島建設(株)【1812】の基本情報

・設立年月日 1930年2月22日
・上場年月日 1961年10月
・業種    建設業
・特色    最大手ゼネコンの一角。同族色。超高層、耐震、原発技術に強み。国内外の不動産開発に実績。
・資本金   814億円
・従業員数  (単独)8,129人 (連結)19,396人
・株価    2,152.5円(2022.7.9)
・単元    100株
・決算    3月末日

こんな会社

大手ゼネコンの一社で、事業内容は、土木建築及び機器装置その他建設工事全般に関する請負又は受託。

建設プロジェクト並びに地域開発、都市開発、海洋開発、宇宙開発、資源開発、環境整備、エネルギー供給等のプロジェクトに関する調査、研究、評価、診断、企画、測量、設計、監理、調達、運営管理、技術指導その他総合的エンジニアリング、マネージメント及びコンサルティングなどなど。国内外で幅広い事業を展開しています。

なみ

フジテレビや新国立美術館などを手掛けられたそう、建設業界のパイオニアと呼ばれています。

経営理念

全社一体となって、科学的合理主義と人道主義に基づく創造的な進歩と発展を図り、社業の発展を通じて社会に貢献する。

天保11年の創業から現在に至るまで、積極果敢な「進取の精神」を発展の礎とし、常に時代の動きを鋭敏に捉え、進歩と発展に努力されています。

ではここからは、鹿島建設(株)に対してバリュー株投資の7つの基準に沿って評価していきます。

①事業規模

事業規模の評価基準は、「小型株をできるだけ除外する」

日経225企業の一社ですので。事業規模は十分なのですが、一応業種の中での規模感を見ておきます。

建設業100社の中での各項目のランキングは以下の通りです。

時価総額1兆462億円(3位)
売上高2兆3915億円(3位)
営業利益1235億2600万円(4位)
経常利益1567億310万円(4位)
純利益1117億8900万円(3位)
営業利益率5.2%(42位)
純利益率4.7%(29位)
総資産2兆7697億円(3位)
負債1兆7085億円(2位)
業績に関する各種項目

建設業の中で売上高、総資産とも3位。利益率もまずまずでで純利益率は4.7%の29位、国内を代表するゼネコンの一社です。

事業規模は文句なし!

②財務状況

次は財務状況。評価基準は、①「流動資産が流動負債の2倍以上であること」。 また、②「固定負債が純流動資産を超えていないこと」

2023年3月期の決算短信によると、
流動資産:1兆7515億円
流動負債:1兆3197億円
固定負債:3888億400万円 なので、

①は、流動資産 / 流動負債 = 1.33倍で基準未達
②は、固定負債3888億円 < 純流動資産4318億円 で基準達成となり、
流動資産に対して流動負債の割合が高く、残念ながら基準未達です。

財務状況はNG!

③収益安定性

収益安定性の基準は、「最低でも10年間赤字がないこと」

鹿島建設の業績を確認すると、特に2016年以降の利益はしっかり。全く赤字はなく、基準達成です。

年度純利益
2014年3月 207億5200万円
2015年3月151億3900万円
2016年3月723億2300万円
2017年3月1048億5700万円
2018年3月1267億7800万円
2019年3月1098億3900万円
2020年3月1032億4200万円
2021年3月985億2200万円
2022年3月1038億6700万円
2023年3月1117億8900万円
直近10年間の純利益

収益安定性は問題なし!

④収益成長性

収益成長性の基準は、「過去10年間のうち、直近3年間のEPSが最初の3年間より最低33%以上伸びていること」

過去10年のIR情報を確認すると、(直近の3年平均 – 最初の3年平均 ) / 最初の3年平均 × 100 = 201.8%となり、基準達成です。

年度EPS
2014年3月39.96円
2015年3月29.16円3年平均:69.5円
2016年3月139.31円
2017年3月202.02円
2018年3月244.29円
2019年3月211.67円
2020年3月200.99円
2021年3月193.13円
2022年3月208円3年平均:209.7円
2023年3月227.98円
直近10年間の1株当たり純利益(EPS)

収益成長性は文句なし!

⑤配当

配当の基準は、「 20年連続で配当を出していること 」

鹿島建設のIR情報を確認すると、 毎年しっかり配当が出ており問題ありません。毎年ではないですが、着実に増配されている点も好印象ですね。

年度配当金配当利回り
2010年3月12円/株2.62%
2011年3月12円/株2.58%
2012年3月10円/株1.98%
2013年3月10円/株1.95%
2014年3月10円/株1.38%
2015年3月10円/株0.9%
2016年3月24円/株1.7%
2017年3月40円/株2.75%
2018年3月48円/株2.43%
2019年3月50円/株3.06%
2020年3月50円/株4.51%
2021年3月54円/株3.44%
2022年3月58円/株3.89%
2023年3月70円/株4.38%
直近10年間の配当金と配当利回り

なお、株主優待制度は実施していません。

配当は文句なし!

⑥株価収益率

株価収益率の基準は、「PERが15倍以下であること」

Yahooファイナンスによると、現在のPERは9.96倍、基準達成です。

株価収益率は文句なし!

⑦株価純資産倍率

株価純資産倍率の基準は、「①PBRが1.5倍以下で、②PER×PBRが22.5未満であること」

Yahooファイナンスによると、現在のPBRは0.99倍であり、①のPBRは基準達成です。

②のPER × PBR も 9.86 で基準達成です。

株価純資産倍率は文句なし!

まとめ

今回の結果をまとめると以下の通りとなります。

項目評価結果備考
①事業規模売上高2兆3915億円
②財務状況流動負債多い
③収益安定性赤字なし
④収益成長性+201.8%
⑤配当利回り4.38%
⑥株価収益率9.96倍
⑦株価純資産倍率0.99倍
結果まとめ

財務状況のみが未達となり、

なみ

鹿島建設(株)は割安株には該当しません!

という結果となりました。

ただ、流動負債だけが多めながら、その他の項目はかなり優秀です。配当もしっかり増配されている点にも好感が持てます。

これからの鹿島建設

国内外において、中核事業である建設事業、開発事業の相乗効果を高めるとともに、事業展開地域間の連携・補完により、建設事業及び開発事業に関わるあらゆるフェーズにおいて持続的に価値を提供できるバリューチェーンの構築を図っていく。

建設や街づくりの知見・データを活用するとともに、オープンイノベーションや投資を通じた異業種・ベンチャー企業との提携により、環境・エネルギー、スマートシティ・スマートソサエティ、インフラ運営など有望分野での事業展開を進め、新たな価値創出にも挑戦されるとのこと。今後に期待ですね。

以上、皆さんの参考になれば幸いです。

下のバナーをクリックいただけると励みになります!

PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次