味の素は割安株なのか?バフェット流「バリュー投資の7つの基準」で日経225銘柄を評価!

なみ

こんにちは、なみです。

今回の記事では、日経225構成銘柄の1つである味の素(株)【2802】について、ベンジャミン・グレアムが提唱した「バリュー投資」の7つの基準に沿って評価してみました。

この記事でわかること

・バリュー投資の7つの基準に沿った味の素の評価
 事業規模は?
 資産と負債のバランスは?
 収益の安定性と成長性は?
 配当はしっかり出てるのか?
 株価収益率(PER)と株価純資産倍率(PBR)はどの程度か?
・味の素は割安株なのか?

あくまでIR情報などから機械的に評価したものですから、個人的な思いや先入観などは入っておらず、特定の企業を持ち上げたり卑下する意図はありませんのでご了承ください。

なみ

日経225企業の中で、あなたが投資すべき割安株はどれか?

を探し当てるためのご参考にしてください。

ちなみに、これまで評価した結果一覧は以下のページにまとめていますので、よろしければあわせてこちらもご覧ください。

目次

味の素(株)【2802】 の基本情報

・設立年月日 1925年12月7日
・上場年月日 1949年5月
・業種    食料品
・特色    調味料最大手。アミノ酸技術で飼料・医薬等多角化。海外で家庭用食品を拡大。M&Aに積極的。
・資本金   798億円
・従業員数  (単独)3,252人 (連結)34,198人
・株価    5,518円(2023.8.6)
・単元    100株
・決算    3月末日

こんな会社

世界一のアミノ酸メーカーとして高品質のアミノ酸の独創的な製法・利用法の開発を通じて事業領域を拡大し、国内外で「食品事業」「アミノサイエンス事業」を柱とした幅広い事業を展開されています。

国内では、100年以上にわたって築かれたブランド力と商品開発力、マーケティング力を強みとし、トップシェアを持つうま味調味料、コンソメ、和風だし、スープ、合わせ調味料などの主力商品を中心にシェアを拡大しています。

海外においても、グローバルな開発・生産・販売体制力、商品開発力とマーケティング力、海外事業インフラを強みとしてタイ、ブラジル、インドネシアなど現地の食文化に適合した風味調味料を展開されています。

なみ

うまみ味調味料として世界に知られる味の素だけでなく、冷凍食品でも世界で大きなシェアを獲得されていますね。私もよくお世話になってます。

ASV経営の志

アミノサイエンスで人・社会・地球のWell-beingに貢献します。

事業を通じて社会価値と経済価値を共創する取り組みASV(Ajinomoto Group Creating Shared Value)と称し、経営の基本方針とされています。その中で、2030年までに10億人の健康寿命を延伸し、環境負荷を50%削減することを目標とし、人財・技術・顧客・組織の4つの無形資産の価値を高めることで、事業を通じたイノベーションを創出し、事業を通じて社会課題を解決し、社会と価値を共創することを目指されています。

ではここからは、味の素(株)に対してバリュー株投資の7つの基準に沿って評価していきます。

①事業規模

事業規模の評価基準は、「小型株をできるだけ除外する」

日経225企業の一社ですので。事業規模は十分なのですが、一応業種の中での規模感を見ておきます。

食料品100社の中での各項目のランキングは以下の通りです。

時価総額2兆8770億円(2位)
売上高1兆3591億円(5位)
営業利益1489億2800万円(3位)
経常利益1400億3300万円(4位)
純利益940億6500万円(4位)
営業利益率11.0%(5位)
純利益率6.9%(10位)
総資産1兆6505億円(5位)
負債8010億4700万円(4位)
業績に関する各種項目

食料品の中で売上高、総資産とも5位。この規模でも利益率はかなり高く、純利益率は6.9%で10位。日経225企業の食料品メーカーの中でもトップ企業の一社です。

事業規模は文句なし!

②財務状況

次は財務状況。評価基準は、①「流動資産が流動負債の2倍以上であること」。 また、②「固定負債が純流動資産を超えていないこと」

2023年3月期の決算短信によると、
流動資産:6155億3700万円
流動負債:3396億4400万円
固定負債:3491億2000万円 なので、

①は、流動資産 / 流動負債 = 1.81倍で基準未達
②も、固定負債3491億円 > 純流動資産2758億円 で基準未達となり、
流動資産に対して流動/固定いずれの負債の割合も高いですね。

財務状況はNG!

③収益安定性

収益安定性の基準は、「最低でも10年間赤字がないこと」

味の素の業績を確認すると、ここ10年はしっかり収益を上げられており問題ありません。基準達成です。

年度純利益
2014年3月 421億5900万円
2015年3月464億9500万円
2016年3月712億9200万円
2017年3月530億6500万円
2018年3月601億2400万円
2019年3月296億9800万円
2020年3月188億3700万円
2021年3月594億1600万円
2022年3月757億2500万円
2023年3月940億6500万円
直近10年間の純利益

収益安定性は問題なし!

④収益成長性

収益成長性の基準は、「過去10年間のうち、直近3年間の1株当たり純利益(EPS)が最初の3年間より最低33%以上伸びていること」

過去10年のIR情報を確認すると、(直近の3年平均 – 最初の3年平均 ) / 最初の3年平均 × 100 = 57.9%となり、基準達成です。

年度EPS
2014年3月68.67円
2015年3月78.54円3年平均:89.5円
2016年3月121.23円
2017年3月92.81円
2018年3月105.76円
2019年3月53.62円
2020年3月34.36円
2021年3月108.36円
2022年3月139.42円3年平均:141.3円
2023年3月175.97円
直近10年間の1株当たり純利益(EPS)

収益成長性は問題なし!

⑤配当

配当の基準は、「 20年連続で配当を出していること 」

味の素のIR情報を確認すると、 毎年しっかり配当を出されており、基準達成です。毎年ではないですが増配もされていますね。

年度配当金配当利回り
2010年3月16円/株1.73%
2011年3月16円/株1.85%
2012年3月16円/株1.54%
2013年3月18円/株1.27%
2014年3月20円/株1.36%
2015年3月24円/株0.91%
2016年3月28円/株1.1%
2017年3月30円/株1.37%
2018年3月32円/株1.66%
2019年3月32円/株1.81%
2020年3月32円/株1.59%
2021年3月42円/株1.85%
2022年3月52円/株1.5%
2023年3月68円/株1.48%
直近10年間の配当金と配当利回り

なお、株主優待は3月末の権利確定で100株以上で1500円相当、500株以上で3000円相当、1000株以上で4000円相当(継続3年以上なら7,000円相当)のグループ製品(または寄附)がもらえます。100株だと優待でプラス0.5%程度の配当があることになりますね。

1500円分の優待品イメージ

配当は問題なし!

⑥株価収益率

株価収益率の基準は、「PERが15倍以下であること」

Yahooファイナンスによると、現在のPERは30.74倍であり、基準未達です。

株価収益率はNG!

⑦株価純資産倍率

株価純資産倍率の基準は、「①PBRが1.5倍以下で、②PER×PBRが22.5未満であること」

Yahooファイナンスによると、現在のPBRは3.80倍であり、①のPBRは基準未達です。

②のPER × PBR も116.81で基準未達です。

株価純資産倍率はNG!

まとめ

今回の結果をまとめると以下の通りとなります。

項目評価結果備考
①事業規模売上高1兆3591億円
②財務状況×流動&固定負債多い
③収益安定性問題なし
④収益成長性+57.9%
⑤配当利回り1.48%+優待あり
⑥株価収益率×30.74倍
⑦株価純資産倍率×3.80倍
結果まとめ

財務状況と株価収益率、株価純資産倍率の3項目で基準未達となり、

なみ

味の素(株)は割安株には該当しません!

という結果となりました。

若干負債は多いものの、安定性、成長性はしっかり。ただ株価が既に上がりすぎてますね。

これからの味の素

食と健康の課題解決のその先へ、アミノサイエンスにより人・社会・地球のWell-beingへ貢献、そして“Eat Well, Live Well.”を実現していきます。

最適なポートフォリオマネジメントを進化させるため、成長分野に経営資源を集中させ、高収益な事業構造への転換を図ると同時に、将来を見据えた種蒔きを続け、機敏な撤退判断も行いながら、①集める、②変える、③始める、④止める、によってポートフォリオを常に新しく進化させていくとのこと。今後に期待ですね。

以上、皆さんの参考になれば幸いです。

👇👇👇ブログランキングに参加中 👇👇👇
👇押していただけると励みになります 👇

PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次