キッコーマンは割安株なのか?バフェット流「バリュー投資の7つの基準」で日経225銘柄を評価!

なみ

こんにちは、なみです。

今回の記事では、日経225構成銘柄の1つであるキッコーマン(株)【2801】について、ベンジャミン・グレアムが提唱した「バリュー投資」の7つの基準に沿って評価してみました。

この記事でわかること

・バリュー投資の7つの基準に沿ったキッコーマンの評価
 事業規模は?
 資産と負債のバランスは?
 収益の安定性と成長性は?
 配当はしっかり出てるのか?
 株価収益率(PER)と株価純資産倍率(PBR)はどの程度か?
・キッコーマンは割安株なのか?

あくまでIR情報などから機械的に評価したものですから、個人的な思いや先入観などは入っておらず、特定の企業を持ち上げたり卑下する意図はありませんのでご了承ください。

なみ

日経225企業の中で、あなたが投資すべき割安株はどれか?

を探し当てるためのご参考にしてください。

ちなみに、これまで評価した結果一覧は以下のページにまとめていますので、よろしければあわせてこちらもご覧ください。

目次

キッコーマン(株)【2801】 の基本情報

・設立年月日 1917年12月7日
・上場年月日 1949年5月
・業種    食料品
・特色    しょうゆ最大手でシェア約3割。北米が利益柱に成長。デルモンテ加工食品のアジア商標権所有。
・資本金   115億円
・従業員数  (単独)-人 (連結)7,775人
・株価    7,811円(2023.8.6)
・単元    100株
・決算    3月末日

こんな会社

日本の伝統的調味料であるしょうゆを扱う企業であるとともに、和風調味料、みりん、料理酒等の他、「デルモンテ」ブランドの洋風調味料、缶詰、飲料等の製造、販売を手がけています。

特に、主力商品の醤油は国内外で高いシェアを獲得しており、日本のシェアは30%、世界シェアは50%にも上っています。世界の「kikkoman」として、国内外共に高品質、安全、安心な商品を提供されています。

なみ

キッコーマンや豆乳、デルモンテブランドを生み出した商品開発力、マーケティング力が強みですね。

経営理念

私たちキッコーマングループは、
1.「消費者本位」を基本理念とする
2.食文化の国際交流をすすめる
3.地球社会にとって存在意義のあるきぎょうをめざす

キッコーマンしょうゆをグローバル・スタンダードの調味料にし、世界中で新しいおいしさを創造し、より豊かで健康的な食生活に貢献することを2030年ビジョンに掲げ、しょうゆを中心に日本の食文化を世界に発信していくことによって、食文化の交流を図り、さらには、各国の食文化との融合を実現することを目指されています。

ではここからは、キッコーマン(株)に対してバリュー株投資の7つの基準に沿って評価していきます。

①事業規模

事業規模の評価基準は、「小型株をできるだけ除外する」

日経225企業の一社ですので。事業規模は十分なのですが、一応業種の中での規模感を見ておきます。

食料品100社の中での各項目のランキングは以下の通りです。

時価総額1兆4931億万円(6位)
売上高6188億9900万円(14位)
営業利益553億7000万円(9位)
経常利益607億9700万円(8位)
純利益437億3300万円(9位)
営業利益率8.9%(12位)
純利益率7.1%(9位)
総資産5986億7100万円(14位)
負債1540億6900万円(21位)
業績に関する各種項目

食料品の中で売上高、総資産とも14位。利益率もかなり高く、純利益率は7.1%の9位。食料品メーカーの中でも上位の一社です。

事業規模は問題なし!

②財務状況

次は財務状況。評価基準は、①「流動資産が流動負債の2倍以上であること」。 また、②「固定負債が純流動資産を超えていないこと」

2023年3月期の決算短信によると、
流動資産:2812億1100万円
流動負債:987億5500万円
固定負債:506億6000万円 なので、

①は、流動資産 / 流動負債 = 2.85倍で基準達成
②も、固定負債506億円 < 純流動資産1824億円 で基準達成となり、
流動資産に対して流動/固定いずれの負債の割合も低く、財務状況は問題ありません。

財務状況は問題なし!

③収益安定性

収益安定性の基準は、「最低でも10年間赤字がないこと」

キッコーマンの業績を確認すると、抜群の安定感ですね。赤字はなく基準達成です。着実に利益が成長しています。

年度純利益
2014年3月 125億5900万円
2015年3月153億8200万円
2016年3月199億6400万円
2017年3月238億1000万円
2018年3月238億4600万円
2019年3月259億9200万円
2020年3月268億2700万円
2021年3月311億5900万円
2022年3月389億300万円
2023年3月437億3300万円
直近10年間の純利益

収益安定性は問題なし!

④収益成長性

収益成長性の基準は、「過去10年間のうち、直近3年間の1株当たり純利益(EPS)が最初の3年間より最低33%以上伸びていること」

過去10年のIR情報を確認すると、(直近の3年平均 – 最初の3年平均 ) / 最初の3年平均 × 100 = 143.6%となり、基準達成です。

年度EPS
2014年3月62.82円
2015年3月78.2円3年平均:81.2円
2016年3月102.66円
2017年3月123.28円
2018年3月123.71円
2019年3月135.39円
2020年3月139.74円
2021年3月162.31円
2022年3月202.93円3年平均:197.9円
2023年3月228.37円
直近10年間の1株当たり純利益(EPS)

収益成長性は文句なし!

⑤配当

配当の基準は、「 20年連続で配当を出していること 」

キッコーマンのIR情報を確認すると、 毎年しっかり配当を出されており、基準達成です。毎年ではないですが増配もされており、利回りもなかなか高いですね。

年度配当金配当利回り
2010年3月15円/株1.37%
2011年3月15円/株1.91%
2012年3月15円/株1.57%
2013年3月20円/株1.21%
2014年3月20円/株1.03%
2015年3月24円/株0.63%
2016年3月32円/株0.86%
2017年3月34円/株1.02%
2018年3月39円/株0.91%
2019年3月41円/株0.76%
2020年3月42円/株0.91%
2021年3月45円/株0.68%
2022年3月61円/株0.75%
2023年3月78円/株1.16%
直近10年間の配当金と配当利回り

なお、株主優待は3月末の権利確定で100株以上で1000円相当(3年以上継続保有なら2000円相当)、1000株以上で3000円相当(3年以上継続保有なら5000円相当)のグループ商品がもらえます。 100株だと優待でプラス 0.15%程度の配当があることになりますね。

1000円分の優待品イメージ

配当は問題なし!

⑥株価収益率

株価収益率の基準は、「PERが15倍以下であること」

Yahooファイナンスによると、現在のPERは34.07倍であり、基準未達です。

株価収益率はNG!

⑦株価純資産倍率

株価純資産倍率の基準は、「①PBRが1.5倍以下で、②PER×PBRが22.5未満であること」

Yahooファイナンスによると、現在のPBRは3.65倍であり、①のPBRは基準未達です。

②のPER × PBR も124.36で基準未達です。

株価純資産倍率はNG!

まとめ

今回の結果をまとめると以下の通りとなります。

項目評価結果備考
①事業規模売上高6188億円
②財務状況問題なし
③収益安定性赤字なし
④収益成長性+143.6%
⑤配当利回り1.16%+優待あり
⑥株価収益率×34.07倍
⑦株価純資産倍率×3.65倍
結果まとめ

株価収益率と株価純資産倍率の2項目で基準未達となり、

なみ

キッコーマン(株)は割安株には該当しません!

という結果となりました。

醤油のトップメーカーであり、食品業の中でも上位の一社。財務面はかなり健全で、収益面も安定かつ成長性も高いものの、既に株価が上がりすぎてます。

これからのキッコーマン

海外については、しょうゆ部門は引き続き、キッコーマンしょうゆの価値を訴求し、主要市場の深耕と新規市場の開拓を進め、さらなる成長を目指す。国内については、しょうゆ関連調味料と豆乳のNo.1ブランドとして市場をけん引するとともに生産効率および収益力を向上させる。

キッコーマンは、早くから海外市場に目を向け、今や海外売上高は65%と北米市場を中心に欧米でも大きな売り上げを上げています。キッコーマンしょうゆをグローバル・スタンダードの調味料にするというグローバルビジョン2030の実現に向け、まだまだ成長が期待できそうです。

以上、皆さんの参考になれば幸いです。

👇👇👇ブログランキングに参加中 👇👇👇
👇押していただけると励みになります 👇

PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次