エーザイは割安株なのか?バフェット流「バリュー投資の7つの基準」で日経225銘柄を評価!

なみ

こんにちは、なみです。

今回の記事では、日経225構成銘柄の1つであるエーザイ(株)【4523】について、ベンジャミン・グレアムが提唱した「バリュー投資」の7つの基準に沿って評価してみました。

この記事でわかること

・バリュー投資の7つの基準に沿ったエーザイの評価
 事業規模は?
 資産と負債のバランスは?
 収益の安定性と成長性は?
 配当はしっかり出てるのか?
 株価収益率(PER)と株価純資産倍率(PBR)はどの程度か?
・エーザイは割安株なのか?

あくまでIR情報などから機械的に評価したものですから、個人的な思いや先入観などは入っておらず、特定の企業を持ち上げたり卑下する意図はありませんのでご了承ください。

なみ

日経225企業の中で、あなたが投資すべき割安株はどれか?

を探し当てるためのご参考にしてください。

ちなみに、これまで評価した結果一覧は以下のページにまとめていますので、よろしければあわせてこちらもご覧ください。

目次

エーザイ(株)【4523】 の基本情報

・設立年月日 1941年12月6日
・上場年月日 1961年9月
・業種    医薬品
・特色    神経系、がん領域に強み。認知症薬は米バイオジェンと、抗がん薬では米メルクと国際協業推進。
・資本金   449億円
・従業員数  (単独)3,043人 (連結)11,076人
・株価    8,983円(2023.9.17)
・単元    100株
・決算    3月末日

こんな会社

医薬品の研究開発、製造、販売および輸出入を行っており、設立75年以上を誇る大手製薬メーカー。現在の主力商品は1990年代に発売した自社開発製品のアリセプトとパリエット/アシフェックスで、この二つで売上のおよそ60%を占めており、売上高に占める自社開発品の比率が約90%と高く、かつ海外での売上比率も全売上高の半数超と多いのが特徴です。

1960年代に東南アジアに進出した事を皮切りに海外展開を進めており、世界規模の研究開発・生産・販売拠点ネットワークを構築しています。特に戦略的重点領域として位置づけている、「認知症・中枢神経領域」「がん領域」を中心とするアンメット・メディカル・ニーズの高い領域において、革新的な新薬の創出と提供に取り組んでいます。

なみ

米国において、創薬・研究・開発・生産・物流・営業まで、製品販売にかかわる全ての部門を自社で持つ唯一の日本の製薬会社なんだそう。

企業理念

患者様と生活者の皆様の喜怒哀楽を第一義に考え
そのベネフィット向上に貢献し
世界のヘルスケアの多様なニーズを充足する

患者様と生活者の皆様の喜怒哀楽を考え、そのベネフィット向上を第一義とし、世界のヘルスケアの多様なニーズを充足するために事業活動を行い、いかなる医療システム下においてもヒューマン・ヘルスケア企業として、患者と生活者に貢献できる製品とサービスを提供することを目指されています。

ではここからは、エーザイ(株)に対してバリュー株投資の7つの基準に沿って評価していきます。

①事業規模

事業規模の評価基準は、「小型株をできるだけ除外する」

日経225企業の一社ですので。事業規模は十分なのですが、一応業種の中での規模感を見ておきます。

医薬品72社の中での各項目のランキングは以下の通りです。

時価総額2兆5784億円(6位)
売上高7444億200万円(6位)
営業利益400億4000万円(8位)
経常利益450億1200万円(9位)
純利益554億3200万円(8位)
営業利益率5.4%(36位)
純利益率7.4%(27位)
総資産1兆3050億円(7位)
負債4374億3100万円(6位)
業績に関する各種項目

医薬品の中で売上高は6位、総資産は7位。利益率はまずまずで、純利益率は7.4%の27位。国内大手医薬品メーカーの一社です。

事業規模は問題なし!

②財務状況

次は財務状況。評価基準は、①「流動資産が流動負債の2倍以上であること」。 また、②「固定負債が純流動資産を超えていないこと」

2023年3月期の決算短信によると、
流動資産:6222億200万円
流動負債:2989億4500万円
固定負債:1418億3400万円 なので、

①は、流動資産 / 流動負債 = 2.08倍で基準達成
②は、固定負債1418億円 < 純流動資産3232億円 で基準達成となり、
流動資産に対して流動/固定いずれの負債の割合も極めて低く、すごくきれいな財務状況です。

財務状況は文句なし!

③収益安定性

収益安定性の基準は、「最低でも10年間赤字がないこと」

過去10年の業績を確認すると、毎年きっちり利益を上げられており、赤字はありません。というわけで基準達成です。

年度純利益
2014年3月382億5100万円
2015年3月432億5400万円
2016年3月549億3300万円
2017年3月393億5800万円
2018年3月518億4500万円
2019年3月633億8600万円
2020年3月1217億6700万円
2021年3月419億4200万円
2022年3月479億5400万円
2023年3月554億3200万円
直近10年間の純利益

収益安定性は問題なし!

④収益成長性

収益成長性の基準は、「過去10年間のうち、直近3年間の1株当たり純利益(EPS)が最初の3年間より最低33%以上伸びていること」

過去10年のIR情報を確認すると、(直近の3年平均 – 最初の3年平均 ) / 最初の3年平均 × 100 = 0.6%となり、基準未達です。

年度EPS
2014年3月134.13円
2015年3月151.57円3年平均:159.3円
2016年3月192.23円
2017年3月137.62円
2018年3月181.18円
2019年3月221.34円
2020年3月425.01円
2021年3月146.34円
2022年3月167.27円3年平均:169.0円
2023年3月193.31円
直近10年間の1株当たり純利益(EPS)

収益成長性はNG!

⑤配当

配当の基準は、「 20年連続で配当を出していること 」

入手できる範囲でIR情報を確認すると、きっちり配当が出てますね。基準達成です。

年度配当金配当利回り
2010年3月150円/株4.5%
2011年3月150円/株5.03%
2012年3月150円/株4.56%
2013年3月150円/株3.57%
2014年3月150円/株3.73%
2015年3月150円/株1.76%
2016年3月150円/株2.22%
2017年3月150円/株2.6%
2018年3月150円/株2.21%
2019年3月150円/株2.41%
2020年3月160円/株2.02%
2021年3月160円/株2.16%
2022年3月160円/株2.82%
2023年3月160円/株2.13%
直近20年間の配当金と配当利回り

なお、株主優待はありません。

配当は問題なし!

⑥株価収益率

株価収益率の基準は、「PERが15倍以下であること」

Yahooファイナンスによると、現在のPERは67.80倍であり、基準未達です。

株価収益率はNG!

⑦株価純資産倍率

株価純資産倍率の基準は、「①PBRが1.5倍以下で、②PER×PBRが22.5未満であること」

Yahooファイナンスによると、現在のPBRは3.05倍であり、①のPBRは基準未達です。

②のPER × PBR は206.79で基準未達です。これはちょっと高すぎますね。

まとめ

今回の結果をまとめると以下の通りとなります。

項目評価結果備考
①事業規模 売上高7444億円
②財務状況文句なし
③収益安定性赤字なし
④収益成長性+0.6%
⑤配当利回り2.13%
⑥株価収益率×67.80倍
⑦株価純資産倍率×3.05倍
結果まとめ

収益成長性と株価収益率、株価純資産倍率の3項目が基準未達となり、

なみ

エーザイ(株)は割安株には該当しません!

という結果となりました。

財務状況は健全で、配当もしっかりなのですが、成長性が今一つで株価が上がりすぎてますね。仕方ありません。

これからのエーザイ

グローバルエーザイの成長の牽引役となるイースト・アジア・リージョンへの取り組みを強化するとともに、世界トップ20の市場すべての国への参入と、ウィメンズオンコロジー(女性特有のがん)への集中的な取り組みによるがん領域における世界のトップ10企業入りを目指す。

アルツハイマー病の治療薬としてアメリカの製薬会社バイオジェンと共同開発した新薬「アデュカヌマブ」で世界的にも注目されていますし、ESGの分野でも他社に大きく先行した取り組みを実践しているそうで、国内の製薬企業をリードする一社として今後も注目ですね。

これまで評価した結果を下の記事にまとめてますので、よろしければあわせてご覧ください。

以上、皆さんの参考になれば幸いです。

👇👇👇ブログランキングに参加中 👇👇👇
👇押していただけると励みになります 👇

PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次