第一三共は割安株なのか?バフェット流「バリュー投資の7つの基準」で日経225銘柄を評価!

なみ

こんにちは、なみです。

今回の記事では、日経225構成銘柄の1つである第一三共(株)【4568】について、ベンジャミン・グレアムが提唱した「バリュー投資」の7つの基準に沿って評価してみました。

この記事でわかること

・バリュー投資の7つの基準に沿った第一三共の評価
 事業規模は?
 資産と負債のバランスは?
 収益の安定性と成長性は?
 配当はしっかり出てるのか?
 株価収益率(PER)と株価純資産倍率(PBR)はどの程度か?
・第一三共は割安株なのか?

あくまでIR情報などから機械的に評価したものですから、個人的な思いや先入観などは入っておらず、特定の企業を持ち上げたり卑下する意図はありませんのでご了承ください。

なみ

日経225企業の中で、あなたが投資すべき割安株はどれか?

を探し当てるためのご参考にしてください。

ちなみに、これまで評価した結果一覧は以下のページにまとめていますので、よろしければあわせてこちらもご覧ください。

目次

第一三共(株)【4568】 の基本情報

・設立年月日 2005年9月28日
・上場年月日 2005年9月28日
・業種    医薬品
・特色    国内製薬大手。循環器と感染症薬強い。英アストラゼネカ社と提携し、がん領域の開拓中。
・資本金   500億円
・従業員数  (単独)5,756人 (連結)17,435人
・株価    4,123円(2023.9.18)
・単元    100株
・決算    3月末日

こんな会社

2005年に第一製薬と三共が合併して誕生した製薬企業です。売上高は国内4位。循環器領域に強く、ここ数年はがん領域に力を入れており、2030年ビジョンを掲げ目指すゴールは「サステナブルな社会の発展に貢献する先進的グローバルヘルスケアカンパニー」です。

好調な業績を支えるのは抗凝固薬「エドキサバン」(日本製品名・リクシアナ)。ピーク時には2200億円以上の売り上げを期待しています。抗がん剤「エンハーツ」も売り上げを大きく伸ばしています。

なみ

市販薬では「ロキソニン」や「ルル」なんかがおなじみですね。

企業理念(存在意義)

世界中の人々の健康で豊かな生活に貢献する

「イノベーションに情熱を、ひとに思いやりを。」をスローガンとして、ミッションである「革新的医薬品を継続的に創出し、多様な医療ニーズに応える医薬品を提供する」の実現を目指されています。

ではここからは、第一三共(株)に対してバリュー株投資の7つの基準に沿って評価していきます。

①事業規模

事業規模の評価基準は、「小型株をできるだけ除外する」

日経225企業の一社ですので。事業規模は十分なのですが、一応業種の中での規模感を見ておきます。

医薬品72社の中での各項目のランキングは以下の通りです。

時価総額7兆9052億円(1位)
売上高1兆2784億円(4位)
営業利益1205億8000万円(7位)
経常利益1268億5400万円(7位)
純利益1091億8800万円(6位)
営業利益率9.4%(23位)
純利益率8.5%(20位)
総資産2兆6160億円(4位)
負債1兆862億円(3位)
業績に関する各種項目

医薬品の中で売上高、総資産とも4位。利益率もまずまずで、純利益率は8.5%の20位。医薬品メーカーの中で時価総額はトップです。

事業規模は問題なし!

②財務状況

次は財務状況。評価基準は、①「流動資産が流動負債の2倍以上であること」。 また、②「固定負債が純流動資産を超えていないこと」

2023年3月期の決算短信によると、
流動資産:1兆4950億円
流動負債:5302億6300万円
固定負債:5327億7000万円 なので、

①は、流動資産 / 流動負債 = 2.82倍で基準達成
②は、固定負債5327億円 < 純流動資産9647億円 で基準達成となり、
流動資産に対して流動/固定いずれの負債の割合も極めて低く、すごくきれいな財務状況です。

財務状況は文句なし!

③収益安定性

収益安定性の基準は、「最低でも10年間赤字がないこと」

過去10年の業績を確認すると、毎年きっちり利益を上げられており、赤字はありません。というわけで基準達成です。

年度純利益
2014年3月 609億4300万円
2015年3月3221億1900万円
2016年3月822億8200万円
2017年3月534億6600万円
2018年3月602億8200万円
2019年3月934億900万円
2020年3月1290億7400万円
2021年3月759億5800万円
2022年3月669億7200万円
2023年3月1091億8800万円
直近10年間の純利益

収益安定性は問題なし!

④収益成長性

収益成長性の基準は、「過去10年間のうち、直近3年間の1株当たり純利益(EPS)が最初の3年間より最低33%以上伸びていること」

過去10年のIR情報を確認すると、(直近の3年平均 – 最初の3年平均 ) / 最初の3年平均 × 100 = -40.7%となり、基準未達です。

年度EPS
2014年3月28.86円
2015年3月152.52円3年平均:73.7円
2016年3月39.79円
2017年3月26.54円
2018年3月30.44円
2019年3月48.07円
2020年3月66.4円
2021年3月39.17円
2022年3月34.94円3年平均:43.7円
2023年3月56.96円
直近10年間の1株当たり純利益(EPS)

収益成長性はNG!

⑤配当

配当の基準は、「 20年連続で配当を出していること 」

入手できる範囲でIR情報を確認すると、きっちり配当が出てますね。基準達成です。

年度配当金配当利回り
2010年3月20円/株3.43%
2011年3月20円/株3.74%
2012年3月20円/株3.98%
2013年3月20円/株3.31%
2014年3月20円/株3.45%
2015年3月20円/株3.15%
2016年3月23.33円/株2.8%
2017年3月23.33円/株2.79%
2018年3月23.33円/株1.99%
2019年3月23.33円/株1.37%
2020年3月23.33円/株0.94%
2021年3月27円/株0.84%
2022年3月27円/株1.01%
2023年3月30円/株0.62%
直近20年間の配当金と配当利回り

なお、株主優待はありません。

配当は問題なし!

⑥株価収益率

株価収益率の基準は、「PERが15倍以下であること」

Yahooファイナンスによると、現在のPERは68.74倍であり、基準未達です。

株価収益率はNG!

⑦株価純資産倍率

株価純資産倍率の基準は、「①PBR(株価純資産倍率)が1.5倍以下で、②PER×PBRが22.5未満であること」

Yahooファイナンスによると、現在のPBRは5.17倍であり、①のPBRは基準未達です。

②のPER × PBR は355.39で基準未達です。これはちょっと高すぎますね。

株価純資産倍率はNG!

まとめ

今回の結果をまとめると以下の通りとなります。

項目評価結果備考
①事業規模 売上高1兆2784億円
②財務状況文句なし
③収益安定性赤字なし
④収益成長性×-40.7%
⑤配当利回り0.62%
⑥株価収益率×68.74倍
⑦株価純資産倍率×5.17倍
結果まとめ

収益成長性と株価収益率、株価純資産倍率の3項目が基準未達となり、

なみ

第一三共(株)は割安株には該当しません!

という結果となりました。

財務状況は問題なく、利益や配当もしっかりなのですが、成長性が結果としてマイナスなのと、株価が高すぎる点がネックですね。

これからの第一三共

4つの戦略として、「3ADC最大化の実現」「既存事業・製品の利益成長」「更なる成長の柱の見極めと構築」「ステークホルダーとの価値共創」に取り組む。

大型化を期待する抗HER2抗体薬物複合体(ADC)「エンハーツ」を日本と米国、欧州で発売した第一三共。抗凝固薬エドキサバンの成長で高血圧症治療薬オルメサルタンのパテントクリフを乗り越え、がん領域に強みを持つ企業として新たなフェーズに入ろうとしています。エンハーツを含む3つのADCで収益源を確保し、次の成長の柱を確立できるかに注目です。

これまで評価した結果を下の記事にまとめてますので、よろしければあわせてご覧ください。

以上、皆さんの参考になれば幸いです。

👇👇👇ブログランキングに参加中 👇👇👇
👇押していただけると励みになります 👇

PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次